日昇印刷株式会社

創業60周年を迎える老舗印刷会社
東京都中央区にて商工会議所や諸官公庁を中心に広く事業展開しております。

HOME企業情報印刷サービスWeb サービス製作事例お問い合わせ

基本理念
業務内容
所有設備
会社概要
アクセス
沿革・歴史
環境方針
JapanColor2007準拠
個人情報保護方針
文化的産業に携わる者として、その使命と責任を十分に認識し常に新技術への対応を図り、優れた品質の製品とサービスの提供を通じて需要者各位に奉仕することを念願としています。
企画デザイン/ DTP / CTP
印刷物の企画からのデザイン、ご提案をはじめ、お客様の多様な分野でのニーズに対応します。
DTP・CTP 部門では、お客様の様々なご注文に迅速にお応えするためデジタル化への対応をいち早く行ってまいりました。
オフセット印刷
菊全判反転機構付2色オフセット枚葉印刷機、B2判高速オフセット4色印刷機、菊四截寸延びオフセット単色印刷機等の各種サイズの高性能印刷機を導入し、お客様に、より高品質の印刷物を早く安価で提供できるように心掛けております。
オンデマンド印刷
多品種少ロット印刷を得意とする印刷です。A3、両面、ホッチキス留、即納品致します。オンデマンド印刷機(カラー/モノクロ)では、デザイン・編集からの印刷やダイレクトデータ印刷の工程を全てデジタル処理で行い、正確かつ短納期でご提供しております。
弊社のオン・デマンド印刷機(富士ゼロックス 700 Digital ColorPress)はトナーを用紙に転写させ、熱により溶かし圧着することで紙の繊維と絡み合わせ定着する構造になっています。そのため、他社製品のレーザープリンタ(熱を加え圧着するタイプ)で差し込み印刷(宛名や住所の一部を変えて印刷)すると、場合によっては既に印刷されている部分が熱によって溶け出し汚れることがございます。オン・デマンド印刷された印刷物に差し込み印刷される場合はインクジェット印刷機等の熱を加えないタイプのものをお勧めいたします。
製 本
自動丁合機、無線綴じ機、中綴じ機があります。
製本では、シーケンサネットワークシステムの採用による各機械間の通信による製本機械作業の一元化と自動化システムの実現によりスピードアップと品質が向上しました。
発 送
出来上がった印刷物は保管し、お客様に代わりましてその都度必要部数を全国各地に発送する業務も行っております。
印刷部門
  • オンデマンドカラー印刷機
  • オンデマンドモノクロ印刷機
  • 菊全判全自動平版両面印刷機
  • B2 判高速オフセット多色印刷機
  • 菊四裁寸伸びオフセット単色印刷機
  • 菊四裁全自動平版印刷機
製本部門
  • 高速自動断裁機
  • 超高速自動断裁機
  • 超高速自動紙折機
  • 全自動紙枚数計算機
  • 自動紙揃機
  • 自動紙綴機
  • 高速丁合機
  • 無線綴機
商 号  日昇印刷株式会社
設 立  昭和29年7月
資本金  2000万円
従業員  30名
工場  東京都中央区湊1-14-14
本社・日昇ビル  東京都中央区湊3-10-10
業 種  オフセット総合印刷/製本/発送業務
主たる役員  代表取締役会長 森康
主たる取引先  商工会議所/諸官公庁/各業種公益法人
取引銀行  みずほ銀行築地支店
 三井住友銀行日本橋東支店
 三菱東京UFJ 銀行築地支店
日昇印刷株式会社

  • 郵便番号
  • 住 所
  • 電話番号
  • FAX
  • 104-0043
  • 東京都中央区湊3−10−10
  • 03-3553-3161
  • 03-3551-4898
  • 日昇印刷地図
    もう一度クリックすると戻ります。
    ▲ 画像をクリックすると拡大表示します。
    昭和29年 7月 日昇印刷株式会社を東京都中央区明石町に本社・工場を創設して、商工会議所をはじめ諸官公庁・各業種公益法人の印刷業務を事業の柱として営業を始める。

    昭和30年 4月  商工会議所主催の各種プロジェクトに従事する。
    昭和37年 4月 受註から納品までの一層の合理化を図るため、東京都中央区湊3-10-10に第二工場を新設。組版から発送までの一貫した完全自社生産ラインの確立を図る。

    昭和45年 5月
    本社及び工場を中央区明石町より中央区湊1-14-14に移転し、生産設備の集中統合を図り、作業能率向上のため手作業からモノタイプによる自動組版化を進める。また、時代の要請に応え、製版のコールド化のため写植機を導入し、オフセットによる製版、印刷部門を新設し、生産体制の一層の高度化、システム化を図る。


    昭和57年 2月 第二工場を新築し、製版部門の画期的向上の意図のもとに電算写植による製版部門を新設し、オフセット印刷に移行する。


    平成11年11月
    Macintosh、WindowsのDTP組版およびイメージセッターによる出力システムの導入により製版部門を強化する。

    平成13年 7月 オンデマンド印刷機、自動現像機、PS版焼付機、無線綴機、菊全最新印刷機を導入し、印刷工程全般の高度化を図る。


    平成15年11月
    菊半裁印刷機、LUXEL T9000を導入し、CTPによる生産を開始する。

    平成19年 1月 ポーラ断裁機、スタール紙折機、紙揃機の新機種を導入する。

    平成19年 8月 株式会社ライブグラフィ研究所と提携し、IT化を始める。
    平成20年 7月 東京ビッグサイトで開催された、学習書・教育ITソリューションフェアに独自のeラーニングコンテンツを株式会社ライブグラフィ研究所と共同出展する。


    日昇印刷株式会社は、「グリーン製品」の提供のため、 「クリーンな作業環境」を心がけ、地球環境負荷低減に貢献します。
  • 1.当社は事業活動及び製品・サービスに伴う環境影響を特定し、環境目的・目標を設定し、定期的見直しを行い継続的な改善に努めています。
  • 2.適用される法規制を遵守するとともに汚染の予防に努めています。
  • 3.環境保全に取り組み、リサイクルの配慮や廃棄物の削減や騒音等の環境負荷の削減に努めます。
  • 4.省エネ・省資源を推進し資源の有効活用に努めています。
  • 5.グリーン製品の開発に努めています。
  • 6.環境配慮資材の優先購入に努めています。
  • 7.従業員への環境教育を実施し環境意識の高揚に努めています。
  • 8.環境方針を公開します。


  • 日昇印刷株式会社は、「カラーマッチング」を確立させ、オフセット多色印刷機とカラーオンデマンド機を「JapanColor2007」に準拠させました。
    くわしくはコチラ


    日昇印刷株式会社は、個人情報保護の重要性を認識し、 以下の方針に基づいて個人情報の保護に努めています。
  • 1.個人情報の取得について
  • 適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得いたします。
  • 2.個人情報の利用について
  • 個人情報を、取得の際に示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。個人情報を第三者との間で共同利用し、または、個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合には、当該第三者につき厳正な調査を行い、秘密を保持させるために適正な監督をおこなっています。
  • 3.個人情報の第三者提供について
  • 法令に定める場合を除き、個人情報を、事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。
  • 4.個人情報の管理について
  • 個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理致します。個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えい等を防止するため、不正アクセス、コンピューターウィルス等に対する適正な情報セキュリティ対策を講じています。個人情報の持ち出しや外部に送信する等により漏えいさせません。
  • 5.個人情報の開示・訂正・利用停止・消去について
  • 本人が自己の個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去等を求める権利を有していることを確認し、これらの要求ある場合には、異議なく速やかに対応致します。
  • 6.体 制
  • 個人情報保護管理者を任命し、個人情報の適正な管理を実施致します。
  • 7.個人情報保護コンプライアンス・プログラムの策定・実施・維持・改善
  • この方針を実行するため、本方針、「個人情報規程」及びその他の規程、規則を策定し、これを従業者その他関係者に周知徹底させて実施し、維持し、継続的に改善致します。