タイトル: 互助年金だより51

キーワード:

作成日: 2010/01/06 13:56:09

説明:

互助年金だより ( 1 )No. 51 平成21年 月 主な目次 理事長あいさつ……………………………………………………………………… 頁 互助年金給付率の改定について ………………………………………………… 〃 互助年金の各種用紙の請求について……………………………………………… 〃 第10回日帰りバス旅行のご案内……………………………………………… ∼ 〃 平成21年度前期パソコン教室のご案内……………………………………… ∼ 〃 第51回健康増進旅行のご案内……………………………………………………… 〃 第31回健康増進ウォーキングの集いのご案内…………………………………… 〃 編集・発行 財団法人 東 京 都 弘 済 会 〒104-0043 中央区湊 -12-11    八重洲第七長岡ビ 階 TEL 0 3 − 3 5 5 1 − 1 1 0 1 残暑の候,  皆様方には益々のご健勝のこととお慶び申し上げます。また,財団法人東京都弘済会事業へ のご理解ご協力に対し,改めてお礼申し上げます。  本年,東京都弘済会は創立50周年を迎えました。当会は,昭和34年,都政の円滑な遂行に協 力し,都民の都政に対する便宜の増進に寄与するとともに,高齢者・障害者等の福祉の向上を 図り,併せて東京都及び特別区の退職者,その家族及び遺族の福利厚生に資することを目的 に,都区の退職者が創立した財団法人であります。  節目の年に当たり,引き続き各種公益事業を中心に,新しい時代に向かって,「一隅を照ら す」ことをモットーに,職員一丸となって事業を展開してまいります。  さて,昨年後半からの世界的不況は,我が国の経済にも大きな打撃をあたえ,100年に一度 と言われる景気の低迷が続いております。政府は景気の底打ちを宣言したものの,雇用情勢は 厳しさを増すなど,景気の上向きを実感出来ない状況であります。  このような状況のなかで,日本銀行は昨年10月31日以来,政策金利を0 5%から二度にわた り引き下げ,0 1%としました。  このため,平成18年 月以来,少しずつとはいえ上昇傾向にあった互助年金の次期想定配当 率が下降傾向となり,平成21年 月には,給付率を0 30%まで引き下げさせていただきました が,このたび幹事銀行から次期想定配当率について0 25%との報告がありました。加入者の皆 様には,大変申し訳ございませんが,互助年金制度の安定的な運用を図るため,その分を給付 率に反映させていただくこととし,互助年金の給付率を平成21年 月 日から0 25%に改定さ せていただきました。  今後,運用状況の改善があり次第,給付率の向上を図ってまいりますので,ご理解をお願い します。  ご案内のように,互助年金は,利息の取扱いや長寿祝い金等各種給付金や当会の公益事業参 加など,他の金融商品にはない有利な面もございます。  当財団では,年 回の互助年金加入者向け日帰りバス旅行,パソコン教室,健康増進旅行な ど各種事業を実施しております。皆様の積極的なご参加をお待ちいたします。  本年度退職されたご後輩,知人の方々に当会「互助年金」への紹介・ご加入のお薦めも改め てお願い申し上げます。   月21日には衆議院が解散され, 月30日の投票に向け「政権交代」の是非を問う歴史的な 衆議院選挙となっております。本誌が皆様方のお手元に届く頃は,その結果もはっきりしてい ることと思いますが,いずれの政党が政権を取ったにしても,高齢者に優しい,生きがいのあ る社会が実現してゆくことを祈るばかりです。  終わりに,時節柄,皆様には,お体にご自愛くださるよう祈念申し上げましてご挨拶といた します。